足立区は木造住宅・建築物への耐震助成を行っています

木造住宅・建築物の耐震診断助成
助成の対象となる住宅・建築物は木造で、以下の建物となります。
戸建住宅 工場や事務所などとの併用住宅の場合は、居住部分が延べ面積の過半となるもの。
共同住宅 賃貸・分譲マンションの区別は問いませんが、戸建住宅と同様に居住部分が延べ面積の過半となるもの。
特定建築物 一定以上の危険物の保管施設など
不特定多数の者が利用する建築物で、特定用途、かつ、一定規模の建築物 なお、助成には以下のような条件があります。
昭和56年5月までに建築されたもの
診断の実施前に助成申請を行うこと(事前申請が必要となります)
耐震診断の助成をすでに受けていないこと(2回目以降は助成できません)
※このほか、建築基準法に違反しているものなどは、助成ができない場合があります。詳細な条件については、下記の問合せ先までご相談下さい。

対象建築物工事種別助成の率助成額
戸建住宅

共同住宅

解体工事除却工事費の2分の1以下上限50万まで
特定建築物解体工事除却工事費の2分の1以下上限100万まで

詳しい詳細については、足立区 耐震助成 を参照下さい