葛飾区は木造住宅の耐震助成制度があります。

区内には新耐震基準(昭和56年6月1日施行)を満たしていない古い木造住宅が約23,500戸残っており、これらの住宅は耐震性が低く、大きな地震に耐えることは難しいとされています。
区では、平成32年度(2020年度)までに住宅の耐震化率95%をめざすとともに、地震による木造住宅の被害を軽減し、震災時の活動拠点や避難路を確保するため、昭和56年5月以前に建てられた木造住宅を対象に耐震診断・改修設計・改修工事・建て替え・除却(解体)に係る費用の一部を助成しています

木造住宅の耐震助成制度

助成名助成率助成の限度額おおよその費用申請者の負担額
除却(解体)1/250万円除却工事費100万円の場合50万円
除却(解体) (不燃化特区)5/6100万円除却工事費100万円の場合17万円

詳細は、葛飾区木造住宅の耐震助成制度

お問い合わせ、ご相談無料です。