江東区は老朽建築物の除却助成があります。

江東区は必ず区役所に事前相談する必要はあります。

平成30年度も老朽建築物除却助成を行ないます!

※平成30年度から助成制度を拡充し、昭和46年~昭和56年着工の戸建て木造住宅も助成対象となります。

手続きや対象要件が下記とは一部異なりますので、詳しくは、関連ドキュメント『パンフレット』に合わせて

『平成30年度拡充のご案内』をご覧いただくか、窓口へお問い合わせください。

江東区では、老朽度の高い木造住宅等を除却することにより建替えを推進し、市街地の不燃化及び耐震化を進めています。この制度により、一定の条件を満たした場合に除却費用の一部を助成します。

対象建築物】
昭和45年以前に建築された建築物で、建築物の構造が木造または木造と鉄骨造による混構造。建物の用途が専用住宅、併用住宅、共同住宅または長屋で住宅系の用途に限ります。木造と鉄骨造による混構造とは、公的な証明書類により、木造と鉄骨造による混構造であることが確認できる以下のものとします。

a.高さ方向に構造が異なるもの
b.平面的に構造が異なるもの
c.部材ごとに構造が異なるもの
【申請対象者】

対象建築物の所有者で個人の方に限ります。

【助成額】

除却工事費用の2分の1(50万円が上限)

詳細は老朽建築物の除却助成について