我孫子市

我孫子市は木造住宅耐震改修工事助成制度があります。

助成対象
耐震改修工事助成金の対象となる木造住宅は、次の各項目のいずれにも該当するもの

市内に現に存する建築物で、建築基準法に基づいて建築された建築物であること。
在来軸組構法、伝統的構法又は枠組壁工法で建築された建築物であること。
昭和56年5月31日以前の旧耐震基準(建築基準法施行令(昭和55年政令第196号)の改正以前の耐震基準)に基づいて建築されたものであって、かつ、昭和56年6月1日以降に増改築されていない建築物であること。自己居住用の一戸建ての専用住宅又は併用住宅(居住の用に供する部分の床面積が当該住宅の延べ床面積の2分の1以上のもの)であること。
地上階数が2以下であること。木造住宅耐震診断士が実施した耐震診断の結果、「倒壊する可能性がある」又は「倒壊する可能性が高い」と評価された建築物で、かつ、耐震改修工事後の当該建築物に期待できる耐震性が、「倒壊しない」又は「一応倒壊しない」と評価できるものであること。

助成金額
1. 収入分位40パーセント以下の世帯
耐震改修工事に要した費用の2分の1以内の額。
ただし、50万円を限度とする。
※収入分位40パーセント以下の世帯とは、公営住宅法施行令第1条第3号に規定する月額収入が21万4千円以下の世帯をいう。

2. 上記以外の世帯
耐震改修工事に要した費用の3分の1以内の額。
ただし、50万円を限度とする。

詳細は我孫子市木造住宅耐震改修工事助成制度