市川市

市川市は建築物の耐震診断・改修工事の助成制度があります。

補助対象建築物となる木造住宅
次のすべてに該当するもの
ア 市内に現に存する建築物であること。
イ 人の居住の用に供する建築物であること。
ウ 主要構造部(柱、床、梁等)が木材であること。
エ 在来工法(土台、柱、梁等を用いて組み立てられる工法をいう。)により建築されたものであること。(枠組壁工法、丸太組及びスキップフロアーのあるものは除く。)
オ 昭和56年5月31日以前に着工された建築物であること。
カ 一戸建ての建築物又は併用住宅(当該併用住宅の延べ面積に対し、居住の用に供する部分の延べ床面積の占める割合が2分の1を超えるものに限る。)であること。
キ 他の者に賃貸しているものでないこと。
ク 地上階数が2以下であること。
ケ 過去に当該補助を受けた建築物でないこと。
コ 「誰でもできるわが家の耐震診断(パンフレット)」(国土交通省住宅局監修及び財団法人日本建築防災協会編集)による評点の合計が9点以下であること。

補助金の額
耐震診断に要する費用のうち、木造住宅耐震診断士に支払った額に3分の2を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額とする)。ただし、80,000円を限度とする。

詳細は建築物の耐震診断・改修工事の助成に関してでご確認ください

pdf 耐震診断助成制度