埼玉県ふじみ野市は耐震診断・改修補助制度があります。

1 対象建築物

建築確認を取得し、昭和56年5月31日以前に着工された市内に存する建築物のうち明らかに違反でないもので、戸建専用住宅、戸建兼用住宅又は共同住宅及び長屋住宅であり、木造建築物の場合は、在来工法により建築されたもの。(以下、「既存住宅」という。)

2 対象者

補助対象者は、市内に住所を有する方で、以下のすべてを満たす必要があります。

  • 既存住宅を所有していること。
  • 既存住宅に居住していること。
  • 市税を滞納していないこと。

(注)共同住宅・長屋住宅の場合は、管理組合法人(管理組合法人がない場合は、区分所有者の代表)が対象者となります。また、区分所有者の2分の1以上が市内に住所を有し、かつ既存住宅に居住している必要があります。したがって、賃貸共同住宅(賃貸長屋住宅)のオーナーの方は対象者にはなりません。

3 耐震診断方法

財団法人日本建築防災協会が定める耐震診断方法及び耐震診断基準に基づくこと。
また、木造以外の建築物の場合は、診断結果を埼玉県耐震改修設計評価委員会要綱に定めのある知事があらかじめ指定する耐震判定委員会等の判定を受けるものとする。ただし、戸建専用住宅及び戸建兼用住宅にあっては、この限りでない。

補助金の額

既存住宅の種類補助率補助限度額
戸建専門住宅及び戸建兼用住宅耐震診断に要した費用の3分の25万円とする。
共同住宅及び長屋住宅耐震診断に要した費用の3分の2一戸当り2万円とし、合計200万円する

詳細は耐震診断・改修補助制度