埼玉県飯能市では木造住宅建替え補助金制度があります。

補助の対象となる既存建築物(建替え前)

1.市内にある木造住宅で、昭和56年5月31日以前に工事に着手した  
(1)一戸建て住宅  
(2)店舗等の併用住宅(延べ面積の2分の1以上を居住の用に供するものに限る。)  
(3)長屋住宅(延べ面積が500平方メートル以内のものに限る。)  
※昭和56年6月1日以降に改築されたものは対象外となります。  
※建築基準法の規定に違反していることが明らかなものは対象外となります。 
2.在来軸組構法、伝統的構法、または枠組壁工法によって建築されたものであること 
3.地上2階建て以下であること 4.財団法人日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」またはこれと同等の耐震診断方法により耐震診断を実施し、上部構造評点が1.0未満と判定された建築物または市長が適当と認める方法により地震に対して安全でないと診断された建築物であること 
※ 既に着工したもの(解体工事を含みます)は補助の対象外となりますのでご注意ください。
補助金の額
補助対象建築物1棟につき、建替え工事に要した費用の23%以内(1,000円未満切捨て) 
※ただし、限度額は次のとおりとします。   
市内業者が施工する場合・・・20万円   
市外業者が施工する場合・・・10万円 
※「補助の対象となる既存建築物(建替え前)」 4 に規定する耐震診断を実施し、上部構造評点が1.0未満と判定された場合は、それぞれ、上記金額+10万円となります。   
市内業者が施工する場合・・・30万円(20万円+10万円)   
市外業者が施工する場合・・・20万円(10万円+10万円)