稲城市は木造住宅耐震改修助成金があります。

助成対象住宅

助成対象住宅は、稲城市木造住宅耐震診断助成制度を利用して耐震診断を行ったことのある住宅あるいは、下記に示す診断機関で耐震診断を実施した住宅とし、次の1から5の全てに該当することが条件です。

1.市内に存する民間の木造住宅又は木造共同住宅
2.昭和56年5月31日以前に建築されたもの(昭和56年6月1日以降に建築されたものであって、同年5月31日以前に建築確認を取得したものを含む。)であり、現に居住している住宅であること
3.1つの建築物を複数の用途として使用している場合は、当該建築物の延べ面積の過半が住宅の用途に供されているものであること
4.耐震診断の結果、倒壊する可能性があると診断された住宅で、耐震改修後の評点が1.0以上となること
5.耐震改修の内容が、耐震診断の結果に則しているものであること

助成対象者

次の全てに該当することが条件です。

1.現に助成対象住宅の所有権を有すること。ただし、助成対象住宅が共有物である場合は、共有者の全員の合意に基づく代表権を有することとする。
2.助成対象住宅の所有者(助成対象住宅が共有物である場合は、共有者の全員)及び助成対象住宅に居住している者の全員(共同住宅に居住する占有者を除く。)が市税を滞納していないこと

助成金額

耐震改修に要した費用(税抜き)の2分の1の金額(上限100万円)を助成します。

詳細は木造住宅耐震改修助成金について

耐震改修助成金パンフレット