神奈川県伊勢原市では木造住宅耐震改修工事等補助制度があります。

木造住宅の「耐震診断・耐震改修・除却」を支援します(伊勢原市木造住宅耐震改修工事等補助制度)近年、大規模な地震の発生が危惧されています。
市では、市民の安全を守るため、地震に強いまちづくりをめざし、木造住宅の耐震性の向上を図るため、耐震改修工事等の費用の一部を補助します。

 

本補助制度における「木造住宅」と「沿道木造住宅」

木造住宅:木造在来軸組構法により建築された、地上階数が2以下のもので、一戸建住宅又は併用住宅とします。
沿道木造住宅:緊急輸送道路及び緊急輸送道路補完道路*2に接する木造住宅で、一定の高さを超えるものとします。
 

対象となる木造住宅

昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工されたものとします。
(昭和56年6月1日以後に着工した増築等の床面積が延べ床面積の2分の1未満であるものに限り、対象とします。)
 

補助金額の一覧

 木造住宅の場合沿道住宅の場合
耐震診断診断費用の10分の10(限度額10万円)診断費用の10分の10(限度額10万円)
耐震改修工事工事費用の2分の1(限度額50万円)工事費用の3分の2(限度額100万円)
除却工事工事費用の2分の1(限度額25万円)工事費用の3分の2(限度額50万円)

詳細は木造住宅耐震改修工事等補助制度