千葉県いすみ市では木造住宅改修工事補助金制度があります。

補助対象木造住宅

補助金の対象となる木造住宅は、次の要件全てに該当していること。

  1. 市内に所在していること
  2. 耐震診断(※1)の結果、上部構造評点(※2)が1.0未満のもの(昭和56年6月1日以後に工事着工して、新築、増築、改築又は移転されたものを除く)
  3. 建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第5号に規定する主要構造部が木材である住宅(構造が丸太組工法又は建築基準法の一部を改正する法律(平成10年法律第100号)第3条の規定による改正前の建築基準法第38条の規定に基づく認定工法で建築された住宅を除く)であること
  4. 昭和56年5月31日以前に着工されたものであること
  5. 一戸建ての住宅又は併用住宅(延べ面積の1/2以上を居住の用に供するもの)であること
  6. 地上階数が2以下であること

(※1)「耐震診断」…木造住宅の耐震診断と補強方法((財)日本建築防災協会発行)に基づき、建築士法(昭和25年法律第202号)第2条第1項に規定する建築士で、(社)千葉県建築士協会夷隅支部又は(社)千葉県建築士事務所協会夷隅支部に所属する会員であって、千葉県既存建築物耐震診断・改修講習会(木造住宅)講習修了者の行う一般診断法又は精密診断法による耐震診断です。【耐震改修工事の補助を受けるには、事前に耐震診断を行う必要があります。】

(※2)「上部構造評点」…一般診断法及び精密診断法では、木造住宅が大地震の揺れに対して倒壊するかしないかを上部構造評点の結果により判断します(下表参照)。建物が必要な耐震性能を満たすには、上部構造評点が1.0以上である必要があります。

補助金の額

補助金の額は、次に掲げる額を合計して得た額(1,000円未満切捨て)とする。

  1. 耐震設計に要した費用の1/3【限度額4万円】
  2. 耐震改修工事に要した費用の1/3【限度額50万円】
  3. 工事監理に要した費用の1/3【限度額6万円】

詳細は木造住宅耐震改修工事補助金ご確認下さい