川崎市

川崎市は木造住宅耐震改修助成制度があります。

対象建築物
次の条件の全てにあてはまる住宅が対象となります。

昭和56年5月31日以前に建築工事に着手したもの
木造2階建て以下のもの(一部鉄骨造等の混構造は対象外)
住宅(一戸建て住宅、共同住宅、長屋、店舗併用住宅(店舗等がある場合は全体の2分の1以下))
木造在来工法のもの(ツーバイフォー工法・パネル工法は対象外)
次の条件にあてはまる住宅は助成金の交付の対象になりません。

過半の所有が法人であるもの
明らかに、建築基準法に適合しないもの
2 助成対象者
助成金の交付を受けることができるのは次の条件に当てはまる方です。

対象建築物を所有する方、又は当該対象建築物を所有する方の配偶者若しくは1親等の親族の方
固定資産税及び市民税の滞納がない方
3 助成対象工事
基礎や壁、屋根工事等の耐震性を高めるために行う工事で、精密診断・補強計画・工事監理を含みます

(1)建物全体の改修

一般世帯

(非課税世帯以外の世帯)

非課税世帯 ※1 

(市民税が非課税である世帯)

補助率

限度額

補助率

限度額

  精密診断 ・ 補強計画  

1,000,000

1,500,000

(2)部分改修

一般世帯

(非課税世帯以外の世帯)

非課税世帯※1

(市民税が非課税である世帯)

補助率

限度額

補助率

限度額

精密診断・部分補強計画

2/3

150,000

3/4 

150,000

部分補強工事・工事監理

2/3 

600,000

3/4 

950,000

750,000

1,100,000

詳細は木造住宅耐震改修助成制度