狛江市

狛江市は木造住宅耐震助成があります。

耐震診断とは、図面や外観、筋違(すじかい)、基礎、開口部、主要な柱、建物のバランス、内部構造の老朽度などの状況を調査し、建物が大地震に対して必要な耐震性を保有しているかを判断するものです。市では耐震診断を実施する木造住宅の所有者の方に、診断費用の一部を助成しています。

昭和 56 年 5 月31日以前の旧耐震基準により建築された市内の木造住宅、または木造集合住宅であること。また、一つの建築物を複数の用途として使用している場合は、延べ面積の過半が住居の用途に供しているものであること「木造住宅の耐震診断と補強方法」(財団法人日本建築防災協会発刊)に定める一般診断、またはそれと同等以上と認められる診断の方法により、一般社団法人東京都建築士事務所協会南部支部の会員、または財団法人東京都防災・建築まちづくりセンターへ東京都木造住宅耐震診断事務所の登録をした事業者が行います。

耐震診断料の目安

109 ㎡以下で 20 万円~25 万円(税抜き)程度(規模・建物形状・図面の有
無等により異なります)となります。

詳細は木造住宅耐震助成について でご確認下さい