神奈川県小田原市は木造住宅耐震診断費・耐震改修費補助金制度があります。

木造住宅耐震改修費補助金

補助対象

市内に存在する木造住宅を有する個人(共有の場合は代表者)で、次の条件のすべてに該当するもの

(1)昭和56年5月31日以前に建築基準法による建築確認を得て建築工事に着手した一戸建て住宅(店舗等の用途を兼ねるものであって、当該店舗等の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のものを含む)であること。

(2)昭和56年6月1日以後に増築又は改築の工事に着手していないこと。ただし、増築に係る部分の床面積が既存建築物の延べ面積の2分の1以下の場合を除く。
(3)地上2階建て以下の木造建築物であること。ただし、枠組壁工法又はプレハブ工法によるものを除く。

(4)耐震診断の評点が1.0未満であること。
(5)小田原市耐震改修促進計画に位置付けられる第一次緊急輸送道路に面する住宅であり、倒壊時に道路に影響を及ぼす可能性があること。(除却工事の場合のみ)
(6)所有者が市税を滞納していないこと。

補助金額

1.設計・工事監理費補助金

耐震改修工事の設計・工事監理費の3分の2(15万円を上限)

2.改修費補助金

耐震改修費の2分の1(85万円を上限)
3.除却費補助金
除却工事費の2分の1(45万円を上限)

詳細は木造住宅耐震診断費・耐震改修費補助金