奥多摩町は奥多摩町特定緊急輸送道路沿道建築物耐震改修補助金があります。この条例は特定緊急輸送道路に係る沿道建築物の倒壊による道路の閉塞を防ぎ、並びに広域的な避難路及び輸送路を確保するため、沿道建築物の耐震改修、建替え又は除却解体を行なうものです。

対象は構造が耐震上著しく危険であると認められること、又は劣化により耐震上著しく危険であると認められるものであること。

耐震診断の結果、Is値(非木造建築物における構造耐震指標)が0.6未満又はIw値(木造建築物における構造耐震指標)が1.0未満であること、若しくは倒壊の危険性があると判断されたものであること。

耐震改修後にIs値が0.6以上又はIw値が1.0以上となること。

補助対象費用の限度額

50,300円/m2以内(503,000,000円/棟以内)。ただし、免震工法等を含む特殊な工法の場合は82,300円/m2以内。なお、建替えを行う場合は耐震改修に要する費用相当分とし、除却を行う場合は耐震改修に要する費用以内で、かつ、除却に要する費用以内とする。

補助率

6分の5。ただし、分譲マンションを除く(5,000m2を超える部分については2分の1)。

詳細は奥多摩町特定緊急輸送道路沿道建築物耐震改修補助金交付要綱